ホテル風早

亭主日記
Diary

桜がそろそろ

2016年03月22日

亭主日記

この連休中、忙しさでほとんどご飯を食べる暇の無かった、ブライダルコンセルジュ・Fさんの慰労会を昨夜開催。場所は、和洋中なんでもござれの「I福」。ゴマさば、パスタ、ピザ、酢豚にカツ丼等と、老若男女み~んなが、それなりに満足する献立の数々。てなわけで、何を食べるか迷った時の「I福」は、ほんに得がたく、ありがたい存在。
そんな「I福」で食事を楽しみながら、ブライダルコンセルジュを増やすかどうかを相談。これ以上婚礼が増えれば、レストラン・ホテル・バンケットの良い塩梅が乱れ、「婚礼がメインになってしまう」等、鋭い指摘が続出。好きな言葉が「ボチボチ」の亭主ゆえ、秋子想の「ふる里ウエディング」に年間限度数を設け、数より質のブランド化を更に進めようと結審。仕事も人生も、なにごとも、上質な方が、心地良い。

日田市の桜守り、観光協会のF君から、「大原しだれ桜」の点灯式を24日(木)に開催すると連絡あり。ちょうど三分咲き程度になりそうで、「点けるならこの日」がベストとF君。彼の桜を見る眼力を信じて、楽しみに待つとしよう。